カテゴリー: 地上圏から

南國科學通信 地上圏から by 全卓樹

アリと自由

—-南國科學通信 地上圏から2—- アリは本来自由であった。 地を這って生きるアリであるが、彼らは元々は天からやってきた。アリの祖先は大空を舞うハチなのである。大国家を打ち立てるために、アリは自ら… もっと読む »

アリの晴朗な世界

—-南國科學通信 地上圏から1—- 人間は生物界の長を持って任じている。人間は地上全てのバイオマスの30%余りを占め、脊椎動物界の食物連鎖の最頂点に立っているので、その自任は根拠なしとはしない。人… もっと読む »