株式会社ちよだ製作所プラント視察ブログ記事

 

こんにちは。古沢研の松村です。

前回に続いて9月下旬にバイオガスプラントの視察に行ってきました。

今回は、香川県にある株式会社ちよだ製作所さん(以下、ちよださん)のプラント視察についてまとめます。

 

私がちよださんを知ったのは「うどんまるごと循環まるごとプロジェクト」でした。

香川県はうどんの生産量が全国一ですが、その分うどんの残渣が多いのです。

詳しくこのプロジェクトを知りたい方はhttps://www.udon0510.com/こちらへ。

 

私が視察に行ったときは、ちよださんはスーパーや飲食店から生ゴミを主な投入資源とし

うどんの残渣は週1回収集されていました。

 

 

株式会社ちよだ製作所の尾嵜さんにバイオガスプラントを見せていただいているところです。また、高さ8mある深緑の槽がバイオガスプラントになります。

 

ちよださんは、自社のプラントを使用し、様々な研究を行われていました。

 

 

100kg/日のプラントと水耕栽培のハウスを連結させた研究や、

 

 

投入資源の違いによる、バイオガスの発生量の比較などの研究をされていました。

 

ちよよださんは、プラントの販売をされています。

プラントのさらなる向上のために研究を熱心にされている印象を受けました。

 

私は、副産物の液肥を用いた水耕栽培が魅力に感じたため、どうしたら生成された液肥を

水耕栽培で使えるのかを調べていきたいと思います。