FOODCARAVAN in 東京

 

2017年3月にFOODCARAVANが東京で開催されました。

プラントハンターの渡邉教授や、薬膳の谷口さんなど、

様々な方々がいらっしゃり、それぞれの見解で、

有用植物に関して発信してくださいました。

 


 

まず最初に、渡邉教授から、

有用植物に関して、様々な方向からお話しをしてくださいました。

 

世界の伝統医療等のお話しから、

有用植物の使用方法の例題など、有用植物の可能性、

また、有用植物の分布、活用例など、様々な方向から見た、有用植物と

自身の経験を踏まえて、発信してくださいました。

 

 


 

次に高知工科大学の古沢教授からの、フードキャラバン開催におけるご紹介がありました。

 

一つ取り上げてお話しすると、

フードキャラバンに置いての、インバウンド・フードツーリズムのための「三つの逆戦略」

のご紹介がありました。

 

1、高知→東京

2、知→フード(オーガニック✖️機能性食品)

3、研究✖️アウトリーチ→人材教育

 

ただ、食べ物、としてのみではなく、

有用植物の可能性、大学としての人材教育など、幅広い可能性から

フードキャラバンにおける今後の活動などを紹介をしてくださいました。

 


 

薬膳の谷口さんが薬膳の知識を用いて、

有用植物を用いた料理をご紹介してくださいました。

 

高知県で、食用として食べられる、リュウキュウのご紹介や、

ノカンゾウの特徴やどんな効果があるのかなど、

薬膳の知識を活かした、様々な方向からの知識と、

調理方法をみなさんに発信してくださいました。

 

参考ページ

FOOD CARAVAN in 東京 谷口さんの講演

 


 

その後、お試しで出来上がった料理を用いての、試食会があり、

参加者の皆さんも高知県の食材や、有用性植物を、楽しんでいました。

 

 

また、有用植物を用いたお弁当を食べました

 

この味はなんという植物なのか、どんな効果があるのか、

どんな食感なのか、どんな風味なのか、など、

普段気にしないようなところまで、気にしながら、

みんなで、有用植物を用いたお弁当を味わいました。

 

 

高知県では、様々な場所に有用植物があります。

 

普段何気なく歩いている道にも、食べられる食事があったり、

ご飯の面でも健康を意識するようになることによって、

また『食』の可能性が大きく広がるように感じました。

 

FOODCARAVAN in 東京 動画