理論物理学研究室(全卓樹)

理論物理学研究室(全卓樹)

次世代の単電子素子の開発を念頭に、量子力学の数理的側面を調べています。また個々人の意思がどのように集約されて社会全体の意思決定につながるのかを数理物理的に理解する「社会物理学」の研究を進めています。フランス、イタリア、チェコの研究機関との国際共同研究を行なっています。

★テーマ例:グラフ上の量子力学、非線形シュレディンガー方程式、量子ホロノミー、世論力学、歴史力学

[ 全教授の詳細はこちら ]