気水圏動態研究室(端野典平)

気水圏動態研究室(端野典平)
[ 端野准教授の研究の詳細はこちら ]
気象における雲や降水現象の理解と予測精度向上を目的とし、基礎と応用研究を行っています。また、気象と水文の観測やモデルを利用して、洪水・渇水現象の予測精度向上に取り組む予定です。

★テーマ例:高解像度モデルを用いた北極の雲降水の理解、人工衛星を利用した再現性の評価や現象の理解、雲降水粒子の成長過程、豪雨の再現実験、洪水渇水の予測