気候科学研究室(柴田清孝)

気候科学研究室(柴田清孝)

大気からみた気候の変動特性の解析を行っています。対象は気象や微量気体の観測データ・再解析データに加えこれらを予報変数とする数値モデルによる将来予測データも含みます。高知市の豪雨(100mm/2days)の頻度の年々変動の解析例を以下に示します。

 ★テーマ例:高知県や他の都道府県などの局地的な気象のトレンド解析、局地循環の気候値の動態把握、大気大循環モデルによる気候変動シミュレーションデータの解析、熱帯成層圏の準二年振動・半年振動のオゾンの影響評価

[ 柴田教授の詳細はこちら ]

0